兵庫牡蠣祭ブログ | 相生・赤穂・網干・室津のかきまつり

兵庫県の相生や赤穂、網干、室津の播州牡蠣まつり情報をお届け!開催の日程や駐車場場所、祭でおこなわれるイベントなどを紹介します。寒い時期にしか味わえないカキ。海のミルクと呼ばれるように栄養も豊富!牡蠣で元気に健康に!兵庫県の瀬戸内でとれる味覚を楽しみましょう!

MENU

兵庫県赤穂市の牡蠣【ぷりテキ】新名物が話題!?テレビで紹介!

f:id:snns1029:20170131070928j:plain

兵庫県赤穂市の牡蠣料理で、今注目の新名物ができたそうです。1月31日(火)おはあさコールで紹介されていた「カキのぷりぷりステーキ」こと牡蠣の「ぷりテキ」をご紹介します!

 

牡蠣のぷりテキ誕生秘話

赤穂といえば牡蠣が特産品です。ぷりテキがうまれたのは、海の幸を使った料理メニューをご当地グルメに育てようと赤穂商工会議所がPR活動を始めたのが発端。現在メニューを提供している市内14店舗をリーフレット「赤穂産 牡蠣の味めぐり」に掲載されています。「カキのぷりテキ」というネーミングでまさに売り出し中です。

 

カキのぷりテキってどんな料理?

ぷりテキという言葉だけを聞いて、まず想像したのがテリ焼き。ぷりテキっていったいどんな料理なんでしょう?

 

カキのぷりテキの正体は、殻を外したカキのむき身を焼いて味付けされたもの。バター焼き、オリーブオイル焼き、塩ソース焼きなど各店で焼き方や味付けにこだわりがあって、さまざまな味が楽しめるようになっています。

 

ぷりテキを赤穂の名産にするために

赤穂商工会議所は今後、統一ロゴを作ることも検討されているようで、「知名度を高め、ご当地グルメとして定着させたい。『牡蠣といえば赤穂』となるようにPRしていきたい」とぷりテキに対する赤穂市の熱い想いを感じます。

 

ぷりテキを食べることができるお店は? 

ぷりテキを味わえお店は赤穂市内の14店舗。カキ料理を提供している37店舗を掲載しているリーフレット「赤穂産 牡蠣の味めぐり」で紹介されています。カキや地酒が抽選で当たるスタンプ抽選券付きで同商議所(Tel43・2727)、観光案内所(Tel42・2602)などで配布しています。

 

それではカキのぷりテキを提供している14店舗すべてご紹介していきます。

 

・元祖かもめ屋 赤穂本店 「カキバター焼」 1,290円

・赤穂御崎レストハウス銀波荘 「アヒージョ風・柳川風」 各1,296円

・美鶴 「カキのぷりテキ」 860円

・日本料理 万るやま 「べっ甲あん掛け」 1,296円

・喰処よしとよ 「カキ昆布陶板焼」 850円

・赤穂パークホテル 日本料理せせらぎ 「カキのぷりテキ」 1,500円

・味くらぶ まさや 「カキのぷりテキ」 860円

・赤穂ロイヤルホテル 寿らく亭 「カキ味噌杜葉焼き」 1,296円

・すし若 「牡蠣の塩葱オリーブオイルソテー」 1,080円

・潮彩きらら 祥吉 「カキのぷりテキ祥吉風」 ※赤穂牡蠣会席のなかの一品

・鹿久居荘 赤穂 「カキ杜葉焼」 1,296円

・割烹 端喜 「かき塩ソース焼」 1,080円

・みなと屋 「かきのバターしょう油炒め」 700円

・居食家 わたしん家 「オイスバターソース」 626円

 

おはあさコールで紹介されていたのは居食家「わたしん家」

テレビで紹介されていたお店を1店舗ご紹介します。おはあさコールで紹介していたカキのぷりテキは、「わたしん家」というお店でした。住所は、赤穂市加里屋南52-10。赤穂市の新名物に注目が高まりそうです。