兵庫牡蠣祭ブログ | 相生・赤穂・網干・室津のかきまつり

兵庫県の相生や赤穂、網干、室津の播州牡蠣まつり情報をお届け!開催の日程や駐車場場所、祭でおこなわれるイベントなどを紹介します。寒い時期にしか味わえないカキ。海のミルクと呼ばれるように栄養も豊富!牡蠣で元気に健康に!兵庫県の瀬戸内でとれる味覚を楽しみましょう!

MENU

2018相生かきまつりも大行列!お得メニューも新登場!

f:id:snns1029:20180624181813j:plain

今年2018年も相生かきまつりに参加してきました。参加といっても、赤穂かきまつりで牡蠣を食べ過ぎて大変なことになったので、今回は牡蠣自粛。

 

今年はお天気にも恵まれ、しかも3連休のド真ん中。こんな好条件のなか開催された相生かきまつりは、なんと参加者2万人!もう本当にたくさんの人で大にぎわいでした。

f:id:snns1029:20180624190032j:plain

ね?すごい人でしょ!?(笑)

牡蠣料理の味をお伝えすることはできませんが、2018年相生かきまつり会場の雰囲気をお伝えできればと思います!

 

2018年の相生かきまつりも大行列が多発

f:id:snns1029:20180624183818j:plain

今年の相生かきまつりの生ガキ直売は8トン用意されていたそう。その大量の牡蠣が2時間半で完売したようです。例年さながらの大盛況ぶりです。

 

行列のできる牡蠣メニュー

f:id:snns1029:20180624173638j:plain

この大行列!右側にも長い列ができていますが、左側の列もスゴイ!この左側の列の前には、いったい何の牡蠣料理があるのでしょうか?

 

f:id:snns1029:20180624174034j:plain

正解はコレ!“絶景とグルメの宿 HOTEL万葉岬”さんの蒸しカキ。もちろん、相生牡蠣を使用。万葉岬さんが出店する蒸しカキということで、参加者の期待も最高潮!3個500円、8個1000円で提供されていました。

HOTEL万葉岬さんは眺めとお料理が素晴らしく、ぜひとも泊まりたいお宿です。

 

f:id:snns1029:20180624174854j:plain

そしてこちらも長蛇の列!左側へと行列が続いていますが、こちらの行列は赤い幕へと続いています。この行例の先にある牡蠣料理はこちら。

 

f:id:snns1029:20180624173602j:plain

“番長の爆弾焼”!?これは今までに見たことがありません。爆弾焼とは、おおきなタコ焼き(タコのかわりに牡蠣)が入っているイメージ。牡蠣のお好み焼きをボールにした感じですね。

相生かきまつりの会場で爆弾焼を食べていた人にうかがうと、大粒の牡蠣2つとうずらの卵が入っていたそう。もっちりした生地とソース、間違いなく旨いでしょう。この記事を書いている現在も、ソースの香りを思い出してノックアウト寸前です。

 

f:id:snns1029:20180626121344j:plain

ほかにも、定番のカキのお好み焼き、かき唐揚げ、カキ飯も出店されていました。

 

f:id:snns1029:20180626121358j:plain

 「相生かきと自然薯とろろのぶっかけそば」と「相生かきと天恵菇(てんけいこ)椎茸の温そば」という牡蠣料理もありました。天恵菇椎茸とは、通常の椎茸の約10倍にも及ぶ大きさで、またその味が絶品だとか。幻のキノコだそうです。きっと上品で旨い出汁に牡蠣が浸かっている蕎麦だと想像しました。

 

バーベキューコーナーも大にぎわい

f:id:snns1029:20180627212255j:plain

ここがバーベキューコーナーのテントです。

 

f:id:snns1029:20180627212350j:plain

ここのテントでは、バーベキューに必要なカキナイフや軍手などの物品が販売されています。簡易イスまで。

 

f:id:snns1029:20180627212613j:plain

バーベキュー用の生ガキも、きちんと確保されています。約1.3kgが1,000円!直売と同じ価格。本当にお得です。

 

f:id:snns1029:20180627213230j:plain

この立て看板はバーベキューコーナーの利用方法が記載されています。

 

f:id:snns1029:20180627213402j:plain

こちらが貸出用の木炭が入ったバケツ。

 

f:id:snns1029:20180627213450j:plain

そして、ここがバーベキューコーナー。新鮮な相生牡蠣をその場で、炭火で焼くのは最高に旨い。みなさんしっかりと防寒対策しながら、バーベキューを楽しまれていました。

 

相生かきまつりに参加して

f:id:snns1029:20180624182605j:plain

今年の播磨灘の牡蠣は旨すぎた。よって、赤穂かき祭りで牡蠣のトラップにハマり、えらい目にあったわけです。そして、兵庫のかき祭りでフィナーレをかざった相生では、餅入りぜんざい(200円)をいただくのみにとどめました。

それにしても、相生はやっぱりすごい人!今年、兵庫の播磨灘の牡蠣を食べることができた人は本当にラッキーだと思います。

2019年、来年は相生かき祭りまで牡蠣を楽しめるよう、ほどほどにしたいです(猛省)。2019年もぷりっぷりのウマい牡蠣に出会いたいですね。