兵庫牡蠣祭ブログ | 相生・赤穂・網干・室津のかきまつり

兵庫県の相生や赤穂、網干、室津の播州牡蠣まつり情報をお届け!開催の日程や駐車場場所、祭でおこなわれるイベントなどを紹介します。寒い時期にしか味わえないカキ。海のミルクと呼ばれるように栄養も豊富!牡蠣で元気に健康に!兵庫県の瀬戸内でとれる味覚を楽しみましょう!

MENU

厚岸牡蠣まつり2017まとめ!北海道あっけし牡蠣祭り情報

f:id:snns1029:20170920131410p:plain

北海道といえば海の幸!厚岸といえば、やっぱり牡蠣ですよね!毎年開催される“あっけし牡蠣まつり”、2017年は9月30日から10日間にわたって開催されます。今年のあっけし牡蠣祭りは?どこよりも詳しく情報をお届けします。 

 

厚岸の牡蠣の特徴

f:id:snns1029:20170920131737j:plain

厚岸の牡蠣の特徴は、身の締まりが格段に良い。焼いても蒸してもプリップリでコクがあり、甘くてまろやかなのが特徴だそうです。

 

厚岸湖と厚岸湾は特別な海域で、外海のプランクトン豊富な海水と、山や湿原の養分をたっぷり含んで注ぐ別寒辺牛川の淡水が混じり合う、牡蠣の生育に最高な場所。その特有の地形が、栄養をたっぷり含み、コクと旨みの凝縮した牡蠣へと成長させるそう。

 

そんな厚岸の牡蠣を堪能できる牡蠣祭り情報をさっそくご紹介します。

 

あっけし牡蠣祭り情報まとめ

平成29年度のあっけし牡蠣祭りは下記の通りです。

【日程】平成29年9月30日()~10月9日(月・祝)
【時間】午前9:00~午後4:00 ※最終日は午後3時まで
【会場】子野日(ねのひ)公園
【住所】〒088-1111 北海道厚岸郡厚岸町奔渡6-9
【公共交通】JR花咲線厚岸駅→くしろバス(霧多布線、床潭線)10分→子野日公園下車→徒歩すぐ
【車】釧路外環状道釧路東ICから48km(約50分)
【駐車場】あり(1200台)
【料金】入園料・駐車場 無料
【問合せ】TEL 0153-52-3131(内線242)
(厚岸観光協会・厚岸町まちづくり推進課観光係)
 

あっけし牡蠣まつりの駐車場と地図

子野日公園には約70台分の駐車場がありますが、牡蠣祭り開催期間中は臨時の無料駐車場が1,200台分用意されています。
 
あっけし牡蠣まつり会場地図はこちら。

 

 

2017年あっけし牡蠣まつりステージイベント詳細

まつり期間中の日曜日にはイベントがおこなわれ、計2回のイベント日があります。イベントの内容は、5秒以内に片手で牡蠣をつかんで持ち帰ることのできる『厚岸名産牡蠣のつかみどり』などが催されます。

 

また、厚岸大黒島沖で捕れたサンマのつかみどりも。牡蠣、アサリ、サンマ、ホタテ、ホッキ、花咲カニなどなど・・・厚岸の秋の味覚を堪能できます!それでは詳しいイベント内容をご紹介していきます。

 

 第1回目 10月1日(日)イベント内容

f:id:snns1029:20170919153150j:plain

10:30~ チビッ子あさりつかみどり

11:00~ 厚岸名産牡蠣のつかみどり

11:30~ 第55回記念!牡蠣が当たる餅まき

12:10~ 松原健之さん歌謡ステージ

13:10~ 鮮サンマつかみどり

 

第2回目 10月8日(日)イベント内容

f:id:snns1029:20170919153806j:plain

10:30~ チビッ子あさりつかみどり

11:00~ 厚岸名産牡蠣のつかみどり

11:30~ 第55回記念!牡蠣が当たる餅まき・義潮会獅子舞

12:10~ サッポロクラシックで一言!!

12:40~ フォークデュオ「ヒートボイス」ライブ

13:10~ カラオケのど自慢

 

ステージイベント詳細

f:id:snns1029:20170920115843j:plain

ステージイベントの参加費は無料。あさりのつかみどりに参加できるのは、小学生以下のお子さま。牡蠣のつかみどり・鮮さんまつかみどりは、中学生以上のお子様と大人が参加できます。

 

サッポロクラシックで一言!!は二十歳以上の参加で、素晴らしいコメントの方にはサッポロクラシック6缶プレゼントだそうです。粋なイベントに目が離せません^^

 

牡蠣が当たる餅まきは、どなたでも参加OK!当たり券が入っていれば牡蠣がもらえますが、抽選で最高30個もらえるというのは楽しみですね!

 

あっけし牡蠣まつりで楽しめる出店は海産物が豊富!

f:id:snns1029:20170920132114j:plain

会場にはたくさんの出店が並び、厚岸町で水揚げされた新鮮なカキやアサリなどの海産物のほかにも、サンマやホタテを堪能することができます。かきラーメンやかき弁当、アサリ汁なども販売。

 

会場で購入することができる海産物をざっとご紹介します。価格は昨年の牡蠣まつりのものなので、ご参考まで。

 

●カキえもん(LLサイズ:200円、L サイズ:180円)

●活かき貝(LLサイズ:200円、L サイズ:150円、Mサイズ:100円)

●焼きガキ(3個で600円)

●焼きウニ 500円

●焼きアワビ 600円

●刺身用サンマ 1尾100円

●あさり汁 350円

●焼きつぶ 4ヶ500円

●串つぶ 1本150円

●ホタテ 200円

●ほっき貝 200円

 

カキえもんって何?

自然豊かな厚岸の海ですくすくと育ったカキをはじめ、アサリやホタテ、ホッキ、ウニは、「えもんシリーズ」として厚岸産だけに与えられた信頼のブランド。


特に牡蠣の「カキえもん」は、国内で唯一年中出荷されています。厚岸の牡蠣は、海水温が低く、ゆっくりじっくり育つため、その特徴が活かされ一年を通して新鮮なカキを楽しむことができます。

 

あっけし牡蠣まつりではバーベキューができる!

f:id:snns1029:20170920132413p:plain

あっけし牡蠣まつりでは、その場で購入した新鮮な海産物をバーベキューで堪能することができます。準備なし、手ぶらで行ってもバーベキューを楽しむことができますよ!焼台や炭は会場でレンタルでき、炭起こしも不要で火の着いた状態で貸してもらえるというお手軽さです。

 

f:id:snns1029:20170920120943j:plain

 

【レンタル価格】

・炭台、炭1セット(大:5~6人程度)1300円

・炭台、炭1セット(小:1~4人程度)800円

・焼台1台(大)800円

・木炭(3kg)700円

・使い捨てバーベキュー網 350円

・レジャーシート3帖 500円

 

 あっけし牡蠣まつり情報まとめ

北海道で牡蠣の二大産地とされているのは、オホーツク海に面したサロマ湖と、太平洋に面した厚岸。

 

その厚岸でおこなわれる“あっけし牡蠣まつり”は遠方からも多くの人が訪れたり、まつりの期間中、毎日観光バスが列を成してやってくるそうですね。

 

 

これだけ人気で大きな牡蠣まつり。関西から参加することはなかなか難しいですが、いつかは参加してみたい。

 

北海道の寒い気候と、豊かな大自然のなかで育った厚岸の新鮮な牡蠣を、サッポロクラシックを片手に、バーベキューで楽しんでみたいものです。